子宮筋腫でお困りの方へ

子宮筋腫とは?

子宮筋腫は子宮の筋肉に発生する良性の腫瘍で、30歳以上の女性の2割から3割程度の方に見られます。子宮筋腫は、できる部位によって、漿膜下筋腫(子宮の外側)、筋層内筋腫(子宮の筋肉の中)、粘膜下筋腫(子宮の内側)に分けられます。複数個できることも多く、大きさやできる部位によって症状が異なります。女性ホルモンであるエストロゲンの影響で大きくなると考えられています。

子宮筋腫について

子宮筋腫の症状

主な症状は、過多月経(月経量が多くなること)と月経痛です。その他、頻尿、腹満感、腰痛などの症状が出ることがあります。これらの症状は、子宮筋腫の大きさやできる場所によって様々です。特に、粘膜下筋腫では、サイズが小さくても月経量が多くなったり、不正出血があったりします。出血時にレバーのような血のかたまりが混じって出てくることもあります。

子宮筋腫の治療法

小さくて症状がない場合には、治療の必要はありません。過多月経、月経困難症、不妊、頻尿などの症状がある場合に、特に治療を行います。治療法には、薬物療法と手術療法があります。薬物療法としては、月経痛に対しては鎮痛剤、過多月経に伴う貧血には鉄剤投与を行います。また、過多月経に対しては、GnRHアンタゴニスト、GnRHアゴニストを用いることで、月経を止め、症状改善を図ります。また、症状緩和のために、LEP製剤、プロゲスチン製剤、子宮内黄体ホルモン放出システムなどを、患者さんの症状に合わせて適切に選択することがあります。 手術療法としては、子宮を取ってしまう子宮全摘術と子宮を温存して子宮筋腫だけ切除をする子宮筋腫核出術があります。将来的に妊娠したい人や、子宮を温存する希望が強い人では、この子宮筋腫核出術を行います。子宮を温存する場合には、子宮筋腫が再発してしまうこともあります。当院では、子宮全摘術、子宮筋腫核出術を腹腔鏡下手術や子宮鏡下手術といった低侵襲手術を積極的に行っています。しかしながら、子宮筋腫のサイズが非常に大きい場合や、過去の手術歴、腹腔内感染の既往などから開腹手術をお勧めすることもあります。

薬物療法

鎮痛剤: 月経痛などの痛みを改善するために使用します。
鉄剤: 貧血を改善するために使用します。
GnRHアゴニスト、GnRHアンタゴニスト: エストロゲンを低下させることで、過多月経、月経困難などの子宮筋腫による症状を軽減することができます。
その他、子宮筋腫が引き起こす過多月経、月経困難などの症状に対して、低用量ピルやプロゲスチン製剤、プロゲスチン含有の子宮内システムなどを用いることがあります。

手術療法

子宮温存の希望の有無、子宮筋腫の大きさや個数などを考慮し、以下のような手術療法を行います。

子宮筋腫核出術

子宮を温存し、子宮筋腫のみを切除する術式です。将来的に妊娠を希望する方に行う手術です。子宮筋腫を切除することで、子宮筋腫が引き起こす過多月経、月経困難症、不妊などの症状を改善させる効果があります。一方で、子宮を温存するため、子宮筋腫が再発した場合に、それによる過多月経、月経困難などの症状が再発してしまう可能性もあります。また、手術後の出産の際には、陣痛が来る前に帝王切開の予定を組んで出産に臨むようお勧めする可能性が高くなります。 当院では、子宮筋腫のサイズや個数を考慮したうえで、腹腔鏡下、もしくは腹腔鏡補助下で子宮筋腫核出術を行っています。

子宮全摘術

子宮そのものを摘出するため、月経はなくなり、子宮筋腫が再発することもありません。一方で、子宮を摘出してしまうため、妊娠することは不可能になります。子宮を摘出しても、子宮はホルモンを出していないため、更年期障害などの症状が出ることはありません。卵巣が女性ホルモンを分泌するため、卵巣を温存することで術後の更年期症状を避けることができます。当院では、MRI検査などで子宮全体の大きさを評価し、術前にホルモン療法を行うことで、子宮筋腫のサイズの縮小を図り、可能な限り腹腔鏡下手術で行っています。

子宮鏡下子宮筋腫切除術

子宮の内側に突出する粘膜下筋腫に対する手術方法です。膣のほうから内視鏡で子宮内に入り、子宮の内側に突出している子宮筋腫を切除する手術です。お腹に傷ができないことと、入院期間が短いことがメリットです。子宮内に突出する子宮筋腫のみ切除可能なため、切除した粘膜下子宮筋腫による症状の改善は望めますが、切除できない他の部位の子宮筋腫による症状は改善しません。粘膜下子宮筋腫による過多月経に対して、非常に有効な手術です。

病院情報の公表

看護部

小児科救急診療

健診センター

地域医療連携

臨床研修

ピックアップ

adobe reader

adobe readerダウンロード別ウィンドウ
PDF形式のファイルはadobe readerが必要です。